本当は怖すぎる名作マンガ・アニメの裏知識 ([テキスト])

内容紹介

名の知れた名作・傑作マンガやアニメには意外すぎる裏の設定や、封印された黒歴史が存在します。

マンガやアニメの裏知識が生まれる理由は様々で、もっとも多いのが初期の作品設定が後年になって大きく変わってしまうパターン。
例えば一番最初に世に出た「アンパンマン」は絵本として発表されたため、現在のアニメなどでみる、かわいらしいキャラとはまったくの別人でした。

もうひとつ多いのが、現在と過去では倫理観が変わったため、いまの基準では世に出せなくなってしまうパターン。
数十年にわたって長い人気をほこる作品に多いケースで、「ドラえもん」や「パーマン」といった藤子不二雄作品などには、現在では読むことができなくなってしまった幻の作品が少なくありません。
これらのエピソードは、いまでは「封印作品」などと呼ばれ、マンガ好きの間で珍重されています。

また3番めに多いパターンは、作品のイメージと実際のストーリー展開やキャラ設定が大きく異なるせいで、受け手の印象にギャップが生まれたケースです。
例えば、健全なディズニー作品のベースになったグリム童話が実は残酷だったり、ハイジのおじいさんやムーミンのお父さんなどが意外なほど複雑なバックグラウンドを持っていたり、「セーラームーン」のエンディングが妙に悲劇的だったりと、後年になって忘れ去られてしまったストーリーやキャラ設定は少なくありません。

初代アンパンマンの悲しい過去、ドラえもんから葬り去られた黒歴史、実はバッドエンドだった「大草原の小さな家」や「子鹿物語」などの名作、あまりにも怖すぎて作者が単行本への収録を見送った「ちびまる子ちゃん」…。

本書は、そんな有名作品の埋もれた裏知識を掘り起こし、1つにまとめました。
衝撃のトリビアをお楽しみください。

<CONTENTSの一部>
★名作編
初期の「ドラえもん」には素性不明な謎の友人がいた
マンガ界の「早撃ち」最速は実は野比のび太だった
初期の「パーマン」は正体がバレると脳を破壊された
「巨人の星」の星一徹はアニメで2回死んでいる
初期のドラミちゃんは、ドラえもんの彼女役だった

★人気作編
初代のアンパンマンはマントを着た中年男だった
「千と千尋の神隠し」は風俗産業がテーマの話
インドネシアには幻の「ドラゴンボール」43巻がある
ルパン三世は怪盗ルパンの孫という設定ではなかった

★ゲーム編
マリオは元カノを捨ててピーチ姫にくら替えした
海外版のポケモンには呪いのブラック版がある
スーパーマリオのキノコは実際の毒キノコがモデル

★名作編
昔のトムとジェリーは本気で殺し合いをしていた
ムーミンの身長は実は10センチぐらいしかない
中年男が顔出しで演じた実写版ムーミンがある

他、多数

 

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: 鉄人社 (2017/9/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4865371001
  • ISBN-13: 978-4865371000
  • 発売日: 2017/9/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.7 x 1.5 cm

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

裏モノJAPAN編集部・契約社員募集のお知らせ

return top