本当は怖すぎる名作アニメ・マンガの裏知識

 

初代アンパンマンの悲しい過去、ドラえもんの黒歴史、実はバッドエンドだったセーラームーン、後ろ暗い過去を持つハイジのおじいさん、怖すぎて単行本に収録されなかった「ちびまる子ちゃん」—。
名の知れた名作・傑作には必ずといってよいほど、意外すぎる裏の設定や、封印された黒歴史が存在します。
本書は、そんな有名作品の埋もれた裏知識を掘り起こし、1つにまとめました。
さあ !衝撃のトリビアをお楽しみください !!

★掲載内容の一部
・のび太と、しずかちゃんはガチで死んだことがある
・昔の「パーマン」は正体がバレると脳を破壊された
・スーパーマリオのブロックは呪いをかけられた人間の姿
・ルパン三世は銭形警部のしかけた爆弾で爆死する
・ドラミちゃんは男たちを4股でもてあそんでいた
・ルパン三世の真の顔は誰にも知られていない
・ジャムおじさんは人間ではない
・「巨人の星」の星一徹はアニメで2回死んでいる
・初期のアンパンマンは顔を食べられすぎだった ハイジのおじいさんは人を殺したことがある
・「ドラえもん」に「交尾」や「精子」などの文字が表示される回が
・昔のタラちゃんはサザエさんに暴言を吐きまくった

本を注文

  • 単行本: 208ページ
  • 出版社: 鉄人社 (2015/3/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4865370285
  • ISBN-13: 978-4865370287
  • 発売日: 2015/3/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 1.6 cm

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

裏モノJAPAN編集部・契約社員募集のお知らせ

return top