映画になった戦慄の実話100

 

鉄人社のシネマ書籍シリーズ・最新刊 !

大量虐殺、連続殺人、誘拐、暴行監禁、銀行強盗̶ーー。
脈々と続く人類の歴史の中で、いま我々が暮らす日常で、
身も凍る犯罪や事件が数え切れないほど起きている。
人間は狂気をはらんだ生き物だ。
柔和な表情の裏で憎悪を膨らませ、
私利私欲のために人の命を虫けらのように奪い去る。

その非人道性、カタストロフィの魔力に引き寄せられるように
これまで多くの映画が実際に起きた事件、事故に題材を求めてきた。
ヒッチコックが、殺人鬼エド・ゲインをモデルに「サイコ」を撮り、
「殺人の追憶」で韓国・華城連続殺人の闇が描かれ、
身の毛もよだつオーストラリア実娘監禁事件は「ルーム」のモチーフとなった。
犯人が、どれだけ血も涙も無い冷酷無比な人間でも、
事件が、いかに常識を超えた陰惨極まる中身でも、
みな実在した人物、本当に起きた出来事。

本書はこうした実話ベースの映画の元になった
数々の事件、史実の顛末をたどった1冊である。
映画と現実はどこが違うのか。
劇中では描かれなかった本当の動機、犯行の詳細。
事件関係者の信じられないような生い立ちと、その後の生き様、死に様。
事件が映画に、映画が事件に及ぼした予期せぬ影響。
事実を知って思い知るがいい。

真相はそうだったのか!

<掲載作品の一部>
「チェンジリング」劇中では隠されたウインヴィル連続少年殺人事件の真実
「ナチュラル・ボーン・キラーズ」チャールズ・スタークウェザー事件
「ルーム」オーストリアの鬼畜、ヨゼフ・フリッツル
「ゴーン・ガール」スコット・ピーターソン事件
「コンプライアンス/服従の心理」卑劣! ストリップサーチいたずら電話詐欺
「モンスター」全米初の女性連続殺人鬼、アイリーン・ウォーノスの哀しき生涯
「スポットライト 世紀のスクープ」カトリック教会神父の性的虐待スキャンダル
「チェイサー」韓国の殺人機械、ユ・ヨンチョル
他、全100タイトル

 

  • 単行本: 288ページ
  • 出版社: 鉄人社 (2017/2/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4865370757
  • ISBN-13: 978-4865370751
  • 発売日: 2017/2/21
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2.2 cm

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top