コアチョコ流Tシャツブランドの作り方

ホラー、カンフー、カルト映画、プロレス、特撮ヒーロー、漫画、アニメ、AV等々。
これらを題材にTシャツを作り続ける、アパレルブランド「ハードコアチョコレート」=通称コアチョコ。
『過激さ』と『可愛さ』を併せ持つ、その独特のデザインは熱狂的なファンが多い。

本書が紹介するのは、そのコアチョコのデザイナー兼代表・MUNE氏によるTシャツブランドの作り方だ。
自分1人でブランドを立ちあげた氏が
[Tシャツの作り方][デザインのコツ][販売方法][SNSを使った宣伝方法]など
そのノウハウの全て語る !

今やTシャツは、イラストレーターでデザインし、自ら工場に発注、そのままネットで販売できる時代である。
開業資金は10万円でOK。
Tシャツ一本で食うもよし、副業として営むもよし。
好きなファッションで生きていきたい若者のバイブル誕生 !

●コンテンツ(抜粋)

★第一章・作る

●簡単キット「Tシャツくん」で原理を知る
●Tシャツプリントの種類
●「Tシャツくん」から学ぶシルクスクリーン印刷
●コアチョコ流「シルクスクリーンデザイン」の基礎
●コアチョコ流デザイン論
●シルクスクリーンプリント 工場発注編
●「ベースボディ」について
●ブランドネームを作る、付ける
●Tシャツ制作費の総額
●プリント業者・工場見学(ジョインテクノロジーズ編)
●『インテリやくざ文さん』のTシャツを作ってみた ! ★第二章・売る

●ブランドを立ちあげる
・ブランド名の重要性
・ブランド力を高める重要性
・オフィシャル仕事をする上の注意点
●Tシャツを売る
・「ドロップシッピング」で売る
・実店舗に卸す
・大手通販サイトに卸す
・ネット、雑誌で宣伝する
・イベントに出店して宣伝する ★第三章・コアチョコのこだわり

●自ら企画するイベント「コアチョコ映画祭」
●ハリウッドザコシショウ&MUNE&みち鼎談
売れない芸人のTシャツを作った理由
●~MUNEヒストリー~
俺が独学でTシャツを作り始めた理由
●水道橋博士×MUNE対談
博士のTシャツに対する異常な愛情
●思春期マーブル×MUNE対談
Tシャツで食っていくためには、ホームランではなくヒットを狙え
●永久保存版
自ら選ぶコアチョコ傑作ベスト30

著者について

MUNE
1973年生まれ、東京都出身、Tシャツ界の悪童「ハードコアチョコレート」代表・デザイナー。
年間100型以上にもなる同ブランドの全てのデザインを生み出しながら、夜は自身が経営するバー「バレンタイン」にも立ち続ける。

カトウカジカ
1981年生まれ、埼玉県出身、フリーライター。
主に週刊誌を中心に執筆し、育児本などの構成も担当。
シルクスクリーンは通っていた工業高校・服飾デザイン化で学ぶ。
過去に野球Tシャツブランドを作ろうとし、仲間と揉めて頓挫した傷を持つ。

 

  • 単行本: 128ページ
  • 出版社: 鉄人社 (2018/5/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4865371257
  • ISBN-13: 978-4865371253
  • 発売日: 2018/5/12
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.2 cm

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

裏モノJAPAN編集部・契約社員募集のお知らせ

return top