犬の急病対応マニュアル

 

ペットである犬や猫に共通して言えること …。
それは、言葉を話すことができないという事実です。
すなわち、具合が悪くても早期に症状を訴えることができず、重症化した結果、ようやく飼い主が気づくケースがほとんどということになります。

でも、実は愛犬もちょっとしたサインを出しているものです。
ふとした仕草だったり、肉体の微かな変化だったり。これを早期に発見できれば、大事な愛犬の命を救うことになるのは言うまでもありません。

本書は、愛犬の具合が悪いとき、飼い主さんがそれに気づき、何をすべきかを記した、「急病対応マニュアル」です。
病気のサインから、応急処置、病院へ行くタイミングまで、誰にでもわかるようにまとめました。

具体的には、犬によく見られる「涙が良く出る」「咳をする」といった47症例を取り上げ、基本的に自宅にあるものを使って、医学の知識のない方でも簡単にできる応急処置を記しています。
病院へ行く行かないの判断については、フローチャートを使って一目でわかるように工夫。
佐藤貴紀 (著)

本を注文

  • 単行本(ソフトカバー): 192ページ
  • 出版社: 鉄人社 (2015/12/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 486537051X
  • ISBN-13: 978-4865370515
  • 発売日: 2015/12/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.7 x 1.4 cm

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

裏モノJAPAN編集部・契約社員募集のお知らせ

return top