映画になった驚愕の実話

鉄人社のシネマ書籍シリーズ・最新刊 !

本書は、実際に起きた事件や事故をベースにした映画と、作品の題材となった史実の顛末を辿った1冊である。
映画と現実はどこが違うのか。
劇中で描かれなかった本当の動機、犯行の詳細、事件関係者の過去とその後。
事件が映画に、映画が事件に及ぼした予期せぬ影響。
全てを知って思い知るがいい。
真相はそうだったのか !

「映画になった衝撃の実話」に続くシリーズ第3弾 !!

★コンテンツ例

巻頭カラーグラビア
「スリー・ビルボード」
キャシー・ペイジ殺害事件
「運び屋」
老人レオ・シャープがメキシコ麻薬カルテルの手下になった理由
「ウトヤ島、7月22日」
ノルウェイ・ウトヤ島無差別銃乱射事件
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」
投資詐欺の帝王ジョーダン・ベルフォードのヤバすぎる半生
「クリーブランド監禁事件 少女たちの悲鳴」
米クリーブランド3少女拉致監禁事件

第1章 衝撃
「モリーズ・ゲーム」
伝説の違法ポーカー屋オーナー、モリー・ブルームの逆転人生
「リング」
“千里眼事件”の真偽と顛末
「スノーデン」
元CIA職員エドワード・スノーデンの告発と亡命
「紙の月」
三和銀行オンライン詐欺事件
「アメリカン・ギャングスター」
映画とはまるで異なるフランク・ルーカス麻薬王国の興亡
「トゥルー・ストーリー」
『NYタイムズ』元記者と一家殺害犯の世にも不思議な物語
「ブリッジ・オブ・スパイ」
独グリーニッケ橋 スパイ交換劇の顛末
「バロウズの妻」
ジョーン・ボルマー射殺事件

第2章 歴史の闇
「タクシー運転手 約束は海を越えて」
光州事件に遭遇したタクシードライバーの映画とは違う素顔
「1987、ある闘いの真実」
ソウル大学生拷問致死事件
「サバービコン 仮面を被った街」
フィラデルフィア「レヴィットタウン」人種差別暴動
「マルコムX」
マルコムX暗殺事件の真実
「主婦マリーがしたこと」
マリー=ルイーズ・ジロー事件
「誘導尋問」
マクマーティン保育園裁判
「帝銀事件 死刑囚」
闇に葬られた帝銀事件の真相
「サルバドールの朝」
25歳の青年サルバドールはこうして処刑された

第3章 凶悪
「犯罪都市」
ソウル警察 中国マフィア掃討作戦
「女は二度決断する」
NSU連続殺人事件
「ロクヨン」
荻原功明ちゃん誘拐殺人事件
「アニマルズ 愛のケダモノ」
ムーアハウス連続強姦殺人事件
「誘拐の掟」
南カリフォルニア「ツールキラー」事件
「モンスターズクラブ」
ユナボマー事件
「夜よ、こんにちは」
モーロ元伊首相誘拐殺人事件

第4章 震撼
「エミリー・ローズ」
アンネリーゼ・ミシェル悪魔憑依事件
「八日目の蝉」
日野OL不倫放火殺人事件
「奴隷の島、消えた人々」
新安塩田奴隷事件
「マイティ・ハート 愛と絆」
ダニエル・パール誘拐殺害事件
「マイヤーリング」
オーストリア皇太子情死事件の謎
「ジョーズ」
ニュージャージー・サメ襲撃事件
「エリカ38」
山辺節子 つなぎ融資詐欺事件
「八甲田山」
八甲田雪中行軍遭難事件

第5章 戦争の悪夢
「ヒトラーと戦った22日間」
ソビボル絶滅収容所 ユダヤ人大脱走事件
「ちいさな独裁者」
エムスラントの処刑人、ヴィリー・ヘロルト
「狂った血の女」
オズワルド・ヴァレンティ&ルイザ・フェリダ処刑事件
「海と毒薬」
九州大学生体解剖事件
「オペレーション・フィナーレ」
アドルフ・アイヒマン捕獲作戦
「ハンバーガー・ヒル」
ベトナム937高地 泥まみれの死闘
「ローン・サバイバー」
参加者19人が戦死した悪夢の「レッド・ウィング作戦」
「告発のとき」
リチャード・デイビス殺害事件

  • 出版社 : 鉄人社 (2019/10/18)
  • 発売日 : 2019/10/18
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 240ページ
  • ISBN-10 : 4865371656
  • ISBN-13 : 978-4865371659
  • 寸法 : 21 x 14.8 x 2 cm

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top