インテリやくざ 文さん2

 

本書は、約1年2カ月前に出版され、ご好評をいただいたギャグ漫画「インテリやくざ文さん」(原作・
裏モノJAPAN編集部/漫画・和泉晴紀)の第二巻です。

月刊『裏モノJAPAN』(小社刊)の読み切り連載をまとめたこの漫画。主人公であるヤクザ・文さんの、細かなことにネチネチ突っ込みを入れるキャラクターは健在です。

今回収録されているのは40作品。ネタバレになるので詳細は伏せますが、簡単な内容とタイトルを記すと、

・うれしそうに夢の話をする “いがちな人” を皮肉った回「夢芝居」
・休日を代々木公園で過ごすリア充(?)たちに突っ込みを入れまくる「イン・ザ・パーク」
・サッカー日本代表の敗戦の弁の “違和感” を独特の切り口で描いた「敗軍の将、兵を語らず」

など、パッと見ただけでも興味がわくのではないでしょうか。ものごとをナナメに見ている方なら、大笑いしていただけるに違いありません。

本を注文

また帯には、マンガ家・イラストレーターの江口寿史氏に “愛のある” 推薦文を寄稿していただきました。欠点だらけなのに、でも憎めない “こまったマンガ” を、ぜひご覧あれ!

著者について和泉晴紀 Izumi Haruki
1955年2月生まれ。石川県出身。漫画家。
『美學校』(赤瀬川原平が講師を務める「絵・文字工房」)出身。クラスメイトだった久住昌之とコンビを組み、81年、久住昌之との共同ペンネーム「泉昌之」(原作・久住昌之、漫画・泉晴紀*が担当)で『ガロ』誌にてデビュー。以降、『かっこいいスキヤキ』(96年・青林堂)『ダンドリくん』(98年・筑摩書房)など、数々の人気作品を世に送り出す。
これと平行して、「泉晴紀」としても、単独の漫画やイラスト、エッセイ等を執筆。代表作に『真剣なサル』(87年・白泉社)、『東京ズカン』(91年・秋田書店)『キュービック城の秘密』(99年・ソフトバンクパブリッシング)などがある。現在、月刊『裏モノJAPAN』(弊社刊)にて『インテリやくざ文さん』、webコミック「LEED cafe」(リード社)で『辺境酒場ぶらり飲み』(原作・藤木TDC)を連載中。また、2011年より『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)で連載中の『食の軍師』(泉昌之)が15年4月よりTOKYOMXにてテレビドラマ化される。

*以前のペンネームは「泉晴紀」だったが、現在は「和泉晴紀」に改名。

  • コミック: 256ページ
  • 出版社: 鉄人社 (2015/11/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4865370463
  • ISBN-13: 978-4865370461
  • 発売日: 2015/11/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.8 cm

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

裏モノJAPAN編集部・契約社員募集のお知らせ

return top