裏モノJAPAN編集部セントウのクレイジーナンパ大作戦

 

本書は、月刊『裏モノJAPAN』の名物編集者・仙頭正教(38才、自称「マー君」)が、同誌に発表したナンパルポを書籍化したものです。
同誌の場合、編集部員はみな体当たり取材を行っています。裏フーゾクの潜入から、危ないパーティへの参加まで。ときにはボッタクリ店に潜り込み、強面の店員に脅されることも珍しくありません。

なかでも彼が率先して挑んできたのがナンパ・リポートです。

例えば、新幹線に乗っているときにひらめいたのは「看板作戦」です。田園地帯に立っているあの広告で恋人募集をすればどうなるか ?
かくして縦4メートル:横8メートルの特大看板を自作して「恋人ボシュー」と書き、顔写真&電話番号も大きく載せて、線路わきに立てて車内の女性客に見せてみました。その結果は …。

高校野球選手権大会の東京予選期間中に、丸坊主&学生服の格好で現役球児に扮したこともあります。「試合に負けて甲子園へ行けなくて…」と町の女性に声をかけ、母性本能をくすぐる作戦です。
これ、信じる女性がいたのだから世の中わかりません。

正月には、小中高の同級生女子200人全員に年賀状を出し、再会エッチを狙いました。おかげで出身地・地元の高知でヘンな噂が広まり、今も帰省のときは顔を伏せて歩いているとのことです。

容姿も話術も十人並みの彼が、世間サマの白眼視に耐えてつかみとった20の出会い。
さみしい男性の恋人作りに役立てていただければ幸いです(きっと役立ちませんが)。

※本書は月刊『裏モノJAPAN』(2010年9月号~15年9月号より抜粋)の記事を加筆修正し、一冊にまとめたものです。

本を注文

1978年、高知県生まれ。
編集者。(株)鉄人社勤務。
2004年10月、それまで務めていた医療系の雑誌を退職、月刊『裏モノJAPAN』(小社刊)の編集部員として採用される。
以降、男の欲望を追求するという同誌のコンセプトの元、様々な体当たり取材を敢行。中でも、体を張ったナンパリポートが得意分野である。
プライベートではツイッターにて新宿歌舞伎町の裏側を中心としたマニアックなネタを紹介、多くのファンから支持を得ている。愛称・マー君。
Twitter:sento1025

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: 鉄人社 (2016/9/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 486537065X
  • ISBN-13: 978-4865370652
  • 発売日: 2016/9/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.7 x 1.5 cm

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

裏モノJAPAN編集部・契約社員募集のお知らせ

return top